忍者ブログ

いいちゃんカヤックス シーカヤック日本一周 遠征記録

小田原出身のシーカヤッカーの飯山達哉と申します。 2017年の春からシーカヤックによる日本1周長期遠征に挑みます。このブログでは航行ルートや装備のテストや考察などを準備段階から公開し、ブログを訪れて下さった方々と意見交換や交流ができればと思います。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PLB レスキューリンク+を買ってきました。

こんにちは。飯山です。

携帯用の救難信号発信機のPLB(Personal Locator Beacon)を購入しましたので報告します!
正式には「携帯用位置指示無線標識」と言われる装置で、製品名は「ResQLink+」です。


ざっくりどんなモノなのか説明すると、
海上で緊急事態が発生した際に、PLBを起動すると
地球上のどこであろうと、起動した装置の所へレスキュー隊が飛んでくる。
という優れものです。


原理は以下の通り
1.PLBを起動すると、406MHz帯の救難信号を、全世界をカバーする人工衛星システムに送信。 
救難信号は携帯電話などの使いない場所でも、空が開けている場所であれば人工衛星に届く。
2.装置に内蔵のGPSで、正確な位置と発信者の情報を海上保安庁に知らせる。
3.発信者の情報と位置座標が現地の救助隊に知らされ、救助が開始される。
4.121.5MHzの電波が、近くに到着した救助隊を発信者の元に誘導される。

この装置によって飛躍的にレスキューの精度が上がり、有事の際の生還できる確率があがるのです。

ただこの装置を使用するのにはいくつか条件がありまして
1.無線局の免許が必要:電波法に定められた手続きを行い、遭難自動通報局の無線局免許が必要になる。(無線従事者資格は不要!)
2.本人以外は使えない:無線局の免許を受けた本人が海上で遭難したことを知らせるもので、他人に貸したり、許可なく譲ることができない。
3.認可されたPLB以外使えない:日本の技術基準に適合した技適マークの付いたPLB以外を使用すると、電波法に違反します!

と、こんな感じです。
なんだか大変そうですよね...
でも、実際はPLBを購入した際についてくる申請書類(A4で3枚)に住所や連絡先のどを記入し、申請料の収入印紙(4250円)を貼り付けて指定の住所に送るだけでOK!

優しい記入例の用紙もついてきます!

あとは1か月ほどで免状が届くので、それで晴れて使用可能になります♪

ちなみに免状の有効期限は5年なので、満期になったら更新です。
もし、切れたまま使用しようとするとこれまた電波法違反になります(;´・ω・)


さて、実際に手に持つとこんな感じ。

パカパカケータイより一回り大きいくらいですね。
そして思ったより軽いです!
海に落としても回収できる様に本体自体に浮力を持たせてあるんですね。

実際にライフジャケットにつけるとこんな感じ。

このようにライフジャケットなどのすぐに起動できるところに装着します。
コンパクトなお陰かそんなに邪魔には感じません。

起動ボタンとテストボタンは本体の側面にあり、普段は格納されたアンテナに隠されているので誤って作動させてしまうこともないので安心できます。
そりゃそーだ。うっかりで救助隊が飛んで来たら大変だ(;´・ω・)

本体はもちろん防水ですが、お店の方曰く「使用後は真水で塩抜きしてください」とのことでした。

肝心の価格ですが、
本体が49680円+申請費4250円+年間使用料600円です。

ただ、本体のバッテリーが5年で設計されていて、2017年1月現在ではバッテリーを交換する制度ができていない為、本体の買い替えとなってしまうのが現状です。
ここは是非代理店さんに頑張っていただきたいところですね!



さて、この度PLBの購入を決意するきっかけになったのは、2016年12月に愛知で2名のカヤッカーが亡くなるという悲しい事故があったからです。
起きてしまった事故の真相を知ることはできませんが、PLBさえ使用していれば最悪の事態は避けられたでしょう。

同じ海を愛し、カヤックを愛する仲間の命が失われたことはとても悲しいですが、私たちはこれを教訓に同じ事故を繰り返さぬよう努めなくてはならないと思います。

シーカヤックで海に出れば、そこはもう大自然の中であり、大なり小なり常に命の危険に曝されている事を忘れてはいけません。

もし、船舶にぶつけられたら...
もし、ハッチが浸水したら...
もし、持病の発作がでたら...

皆さんにも今一度、PLBは必要か不要か考えてみて頂きたいと思います。



今回、私がResQLink+を購入したのは横浜にある「舵社」の実店舗「KAZIシープラザ」さんでした。PLBなどのレスキュー用品以外にもたくさんのマリングッズがあるのでお勧めです。


ResQLink+はAmazonなどの通販サイトでの購入も可能です。


ちなみにアメリカを中心に全世界では50万台以上普及しているPLBですが、国内の販売台数はまだ200台程度だそうです。少ない!少なすぎる!!


興味のある方もない方も、とりあえず「ResQLink+」検索してみて下さい!\( ´∀` )/
質問のある方はFacebookの方にご質問下さい!分かる範囲で答えます!\( ´∀` )/
多くの方に読んでいただけるようシェア歓迎です!\( ´∀` )/


それではまた!
PR

冬ごもりと遠征準備

こんにちは。
ご無沙汰しておりました飯山です。

先日、北海道でのガイドの仕事を終え神奈川の方に帰って来ました。

10月からの仕事も無事決まり、横浜の会社に通っています。
さすがに冬はカヤックの仕事もなかなか無いので、どこかで働かないといけないんですね~
冬こそカヤック!と言いたいところですが、さすがに寒いもんね( ´△`)

でも!秋の内はまだかろうじて葉山でのインストラクターの仕事があるのでバイトにはちょいちょい行く予定です!
葉山の海でお会いしましょう!


さて、遠征準備の方ですが、本格的に地図作りが始まっています。
遠征で使うのはA4紙・20万分の1地図です。

地図は全部手作り!
全部自分で作れるカシミール3Dという便利なフリーソフトがあるんですね(´∇`)

普通に地図買っていったら?
と、思うかもしれませんが、自分で作るのにはちゃんと訳があるんです。

こだわりその1
東経北緯に各1分毎に経緯度線を入れて、gpsのデータと照合しやすくしてあります!
これならパパパっと海の上で一瞬で現在地を確認して、正確なルート修正に貢献します。

こだわりその2
1枚の紙毎に7~8本の磁北線を入れてあります。
この間隔、ハンディサイズのコンパスとの組み合わせで非常に使い安いんです。
いろも選べてとっても便利!


とまあこんな感じなんです。
分かりやすく自分好みの地図をつくるのは楽しい!!
よーくみると、下と左側に東経と北緯が、書いてありますね、。

そして、一度旅に出発してしまうと途中で地図を作成・印刷するのはとても大変なのでなので日本一周分をとにかく出発前作りきってしまう必要があるんです。
とりあえず今週は北海道までつくってます!



写真は20万分の1北海道!
それぞれは小さなA4用紙ですが繋げると見事な20万分の1海沿い北海道の出来上がりですね!
それもそうか...
それにしてもデカイ…

年内中には日本一周分を揃えようと思います!
気合い入れていくぞーーー!

ペリカンケーーース!

こんにちは。飯山です。

今日は札幌に買い物に行ってきました。
買ったのはこれ。
防水ケース!
言わずと知れたペリカン製です。
高い防水性と耐久性を持った防水ケースの定番ですね。


秀岳荘白石店で半額セールをやっていたので買いました。
定価じゃ高くて買えません(._.)

目的は遠征のファーストエイド用です。
ファーストエイドとは、つまり応急処置の事ですね。

緊急時にとりあえずその場を乗り切りる為のもので、カヤックの場合はコックピットから手の届くところに収納します。
カヤックのデッキの中に保管してしまい、いざと言う時に使えなかったら本当に笑えないですからね…

このペリカンのマイクロシリーズはかなーり小さく、ガイド用としては小さ過ぎて容量不足ですが、単独遠征の自分用ならば十分そうです。

詰めてみるとこんな感じ。

キツキツですがいい感じです。
あとは、小さめのハサミとピルケースを揃えればOK!

ファーストエイドは使わないに越したことはないですが「備えあればうれしいな」ですね!

それではまた!

 2016/08/09

いろいろ買いました。ドライバッグなどなど

こんにちは、飯山です。

モンベルからいろいろ購入し、先日届きました。
今回は主に水筒やドライバッグです。


その1 今年の新作のウォーターキャリア。

やわらかい素材ですが自立させることができ、コックピットの中にぴったり納まります。
ホースもついていて扱いやすく、水を節約しながらのキャンプツーリングに最適です。
遠征のなで抗菌素材というのも◎
ソフトウォーターキャリアは平たいものが主流ですが、ハッチの中で他のものと重ねて使うにはリスクが高いので、こんなものを待っていました!

その2 水筒(ナッツ用ですが)

海の上での食事は基本的にナッツなので、ちょこちょこ食べられるように広口の水筒に入れました。
購入したのは750mlボトルで、約300g(3~4日分)のナッツが入りました。
これをカヤックのデッキに乗せておき、ちょっとずつちょっとずつ食べるのが良いそうです。
最近、毎日ナッツを食べる様にしていますが体調は良好!携行食はナッツに決まりです!


その3 キャメルバッグのハイドレーションバッグ
山に行く人には馴染みのある製品ですね。カヤックの場合はPFD(ライフジャケット)に装着します。
水筒を取り出す必要がないので漕ぎながら飲めます。
最近ツアーガイドの時にも使っていますが便利です!
もっと早く買っていればよかったな...
あ、遠征用のPFDも買わないとな...

その4 ドライバッグ(3L、5L、10L)
ドライバッグはモンベル以外にもほんとに多くのメーカーが販売していますが、自分はモンベルが一番かな~って思います。
高防水性、高強度でありながら透明でなおかつ安価。このバランスの良さが好きです。

おまけ
ドライバッグに入れるポーチにひとくふう。
ジッパーの金具をロープに交換。ドライバッグはとがったものが苦手なので、こういう地味なことでも意外と物持ちがよくなったりします。


お。晴れてきた。漕いでこようかな!
それではまた!

 2016/08/05

地図作り

こんにちは。飯山です。

外は雨...
もうすぐ8月なのになんだこの寒さは...

今日は部屋に篭って遠征の地図づくりを進めています。


遠征のナビゲーションには紙の地図とコンパス、補助としてデジカメのGPS機能を使用します。

GARMINなどの地図を表示できる便利なGPS端末も増えてきましたが、機械は電池切れや故障のリスクがあるのでメインはあくまでも地図とコンパスとします。

・地図の使い方
カヤックのデッキの上に防水マップケースを取り付け、その中に地図を入れて使います。
地図には予め航行ルート(距離や方位など)を記入し、それらを元に、カヤックに取り付けたデッキコンパスを見ながら航行します。

これがあれば目的地が目視で確認できなくても迷わず進めると言う理屈です。


しかし、実際には海流、潮流、風の影響がある為、補正が必要になります。
そこで、地図に経線と緯線を細かく引いておき、gpsの座標と照らし合わせる事で、誤差を数値的に知り、正確に補正できるのです。出来るはずです!

・地図の作成
地図の作成に使用するのはカシミール3Dと言われるフリーソフト。
もともと山向けらしいですがカヤックでも十分使えます。

磁北線、経線、緯線を任意の間隔で設定可能で、
縮尺も2.5万図、5万図、20万図などから選び、縮尺を維持したまま印刷できるので非常に便利です。
遠征では主に20万図、B4印刷を使用します。


・ひと工夫
ベテラン遠征家の方にハンググライダーの地図の作成方法が良いと教わったので、それを参考に作成しました。
地図に何やらたくさん書いてある線がそれですね(^^)


久々のデスクワークで目がチカチカですがもうしばらく頑張ります( ´Д`)=3
それではまた!

2016/7/27
プロフィール
HN:
飯山達哉
年齢:
28
性別:
男性
誕生日:
1991/10/31
職業:
シーカヤックガイド
趣味:
旅とカヤック
自己紹介:
初めまして。
小田原出身のシーカヤッカー飯山達哉と申します。北海道の小樽の海でシーカヤックのガイドをしています。

学生時代には自転車での旅に明け暮れ、北海道から九州を走りまわりました。
そんな旅の途中、世界遺産知床でカヤックに出会い、シーカヤックガイドを夢見る様になります。
高専を卒業後、一般企業に就職したもののシーカヤックガイドを目指し退職。北海道に移住し現在に至ります。
P R
  Copyright 2020 いいちゃんカヤックス シーカヤック日本一周 遠征記録 All rights reserved.
Template Design by LockHeart|powered by NINJA TOOLS 忍者ブログ [PR]