忍者ブログ

いいちゃんカヤックス シーカヤック日本一周 遠征記録

小田原出身のシーカヤッカーの飯山達哉と申します。 2017年の春からシーカヤックによる日本1周長期遠征に挑みます。このブログでは航行ルートや装備のテストや考察などを準備段階から公開し、ブログを訪れて下さった方々と意見交換や交流ができればと思います。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

のんびり雷電海岸

こんにちは、飯山です。

日本一周に挑戦!ということで立ち上げたブログですが、遠征の事だけ書いているとあっという間に原稿難に陥る恐れがあるので、日々のあれこれについても書いていこうと思います。
昨日は岩内の雷電海岸を漕いできました。
大滝アウトドアアドベンチャーズのSakai代表にご一緒して頂きました。

当初は室蘭海岸を漕ぐ予定だったのですが、太平洋側は低気圧の影響で強い南風...
狙っていた室蘭を諦めて急きょ日本海側にあり、手軽に行ける雷電海岸に行先を変更しました。

手軽に行けるとは言っても広い北海道...
移動だけで2時間の長旅です(汗
がんばれワーゲン!


室蘭に行けなかったのは残念でしたが、着いてみると行先を変更して正解!
素晴らしいコンディションで漕ぐことができました♪

雷電海岸はここ!



今日はカヤックを積める車が2台あるので、
スタート地点に車をデポしてのOne wayツーリングです。
距離は約15km。
洞窟探検や昼食休憩をとりながら4時間半の旅でした。

スタート直後から海岸線にはいくつもの断崖と洞窟が並び、一向に先に進めません。
洞窟を見つける度に吸い込まれるように入っていく2人の好奇心...

奥行50メートルに及ぶ洞窟の奥は外の光が一切届かず真っ暗!
懐中電灯の灯りを頼りに漕ぎ進むのはアドベンチャー感抜群です。
海岸線にはいくつもの滝が流れ込み、幻想的とも言える様な景色を作り出しています。
とにかくスケールが大きい!
体格の大きいSakai代表ですが、自然の前では...
しかし、美しいものたちばかりではなく、朽ち果てた旧道の洞門と橋脚が延々とそこにありました。
確かに利便性、安全の為に新しい道が必要なのはよく分かります。
でも、人が作り出した不自然な景色を目の当たりにすると哀愁を感じます。
そしてゴールに近づくにつれ見えてくる泊原子力発電所。
見ていて気持ちの良いものではないですね。
取り返しのつかない事になる前に、廃炉になることを願います。


これから先、遠征に出たらいろいろな景色、人々に出会うでしょう。
しっかりとこの国の今を見てきたいと思います。

BLUEHOLICも大滝アウトドアアドベンチャーズもこれから繁忙期に突入です。
秋になり、ひと段落したら室蘭海岸にリベンジしたいと思います!
それではまた!

PR
Comment form
お名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメント
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
こんにちは
先日シーカヤック体験でお世話になりました!
とっても楽しく良い思い出になりました!

帰り道友人と日本一周かー、その模様を追いたいねーという話になり、そーいえばインスタとか聞いとけばよかった!!と話してたらこのブログへたどり着きました。笑

ベガスで当てたらご一緒しましょう。笑
遠くより応援しております♩
ブログの更新楽しみにしてますねー!
ayk 2016/09/05(Mon)17:04:40 編集
先日はありがとうございました(^^)
お久しぶりです!
この間のツアーはありがとうございました!

まだまだ準備の段階ですが出発したらたくさん記事を書いて行きますので、ご声援よろしくお願いします

もうアメリカに渡られましたか?
せっかくのラスベガスですからね!ご健闘を!
【2016/09/07 22:41】
プロフィール
HN:
飯山達哉
年齢:
28
性別:
男性
誕生日:
1991/10/31
職業:
シーカヤックガイド
趣味:
旅とカヤック
自己紹介:
初めまして。
小田原出身のシーカヤッカー飯山達哉と申します。北海道の小樽の海でシーカヤックのガイドをしています。

学生時代には自転車での旅に明け暮れ、北海道から九州を走りまわりました。
そんな旅の途中、世界遺産知床でカヤックに出会い、シーカヤックガイドを夢見る様になります。
高専を卒業後、一般企業に就職したもののシーカヤックガイドを目指し退職。北海道に移住し現在に至ります。
P R
  Copyright 2020 いいちゃんカヤックス シーカヤック日本一周 遠征記録 All rights reserved.
Template Design by LockHeart|powered by NINJA TOOLS 忍者ブログ [PR]